来季スキー板試乗会レポ in岩岳

レポの前に臨時休業予定のお知らせ

2/8(土)休業

2/9(日)Open(店長は不在)

2/17(月)、18(火)休業 横浜出張

よろしくお願いします。

1月末に岩岳でショップ向けの、来季スキー板試乗会に参加してきました。

天気は曇り(ガス有り)気温は高くシャバシャバ雪でした。

エッジが良く食い付きスライドコントロールも自在で、気持ちよくターンできる雪質でした。逆にいうとどの板もそれなりに気持ちよく扱えて板の特性の差が感じにくかったです。

そんなコンディションの中での試乗会でしたが、これはすごいって感じた板をいくつか紹介します。

試乗した板の中でダントツにすごーって思ったのがLINE Blade181。とにかく安定感がすごい。どんどん縦に落としたくなる感じ。縦に行ってもポジションが取りやすくて怖さがないです。

サカナの兄弟機種でメタル入りとのこと。去年の試乗会で、そのサカナでも同様の安定感を感じてすごーって思ったけど、それ以上でした。

懸念はトップ形状の太さ・・・。シールの取付出来るのかな?(今度のK2試乗会で確認したいと思います。)それから一番長いサイズが181cmという点。自分的にはもう少し長くてもいいような気がしました。ここは好みかな?


次は、あれ意外にいいじゃんって思ったのがK2 WayBack96 177cm。こちらは継続モデルです。

以前はローカーが深くて軽量なので板がバタつくイメージでしたが、この機種はトップからエッジが食い付く感じで、スピードが出てもバタつかなかったです。またしっとりしたしなりでロングターンも安定してました。

トップローカー形状ですがロッカー具合が浅くビンディング部にメタルが入ってるとのことで、そのあたりが安定感につながってるのかな。これなら春だけでなくハイシーズンでの使用でも行けそうな感じです。

とっても軽快で扱いやすかったのがG3 FINDr94 Swift167。キャンバー板で、板がよく回ってターンリズムがとっても取りやすかったです。プチパウダーやこれからBCという方にはクセが無くていいかなー。やっぱりキャンバー板のターンフィーリングは良いなーと改めて思いました。

参考にブラックダイヤモンドも試乗してみました。勝手な印象で、BDの板は軽いけど全然曲がらないと思ってました。継続モデルのヘリオリーコン95は、やっぱりエッジが食い付かずスライド系でコントロールは難しかったです。エッジを使おうとすると抑えるのに力が必要でした。

ところが、ニューモデルのヘリオカーボン95 176cmはショートターンもロングターンもエッジ感がありコントロールにストレスない感じでした。トップロッカー形状でフレックスは固かったです。操作性は普通レベルになってますし、とにかく超軽量なんで春のロングルート用には有りかもって思いました。


また詳細を知りたい方は、お気軽にご来店ください。


mountain-side